義父が多磨霊園に眠っています。

比較的家から近いという事もあり、年に数回ほど、義母を連れてお墓参りへ行っていますが、多磨霊園は霊園としては多摩地区では大変有名で規模も大きく、慣れない人だと迷子になってしまうほどです。

また、規模が大きいのですが、古くからある霊園のため、最新の管理体制というわけにもいっていないようです。

ここ数年で大変よく見かけるのが、草がボーボー状態のお墓です。無縁仏になってしまっているようで、霊園側からの告知看板が建てられています。

おそらく何の対処もしないと、法律にのっとり、お墓が撤去されてしまうのでしょう。

見ず知らずの方々のお墓なのですが、やはりその告知看板を見ると、心が痛みます。そのお墓に眠っている方々の人生に思いを馳せてしまうからです。

しかし、考えてみればこれはとても他人事ではありません。

主人は一人っ子で、我が家は娘ばかり。跡継ぎはいないので、娘たちがお嫁に行った後、またその子供たちの代で、無縁仏にならないとい保障はどこにもなく、私たちの代からは永大供養への変更等も検討しています。何よりも残された家族の負担にならないように、そして気軽に会いに来てもらえるようにしたいという思いから、自宅の近場で大手グループが展開している永大供養に興味を持っています。

最近では葬儀のスタイルも多種多様化してきています。だから、お墓のあり方、霊園のあり方も、もっと色々あってよいのではないかなぁと思います。