近年、若い世代の墓地に関する考え方が昔とは大きく変わっているようです。

先祖代々の墓を守るというイメージは薄れて供養の形、お墓の形は年々多様化しています。

少子化の問題、地価高騰の問題、そもそも墓地用地の不足などに伴い、「そもそもお墓をもつべきなのか」という疑問さえ、若い世代には湧いているのです。

お墓は、亡くなった人の為にだけあるのではありません。遺された人々が亡き人を思い出すため、会いに行くための目印としてあるものです。ですから、遺された人々がいけない様な場所にあるのでは意味がありません。

先祖代々のお墓が田舎にある場合、そのお墓に入るべきなのかどうか悩む人は多いのですが、家族が都会に住んでいる場合、田舎のお墓に会いに行けるでしょうか。あまりにも遠いお墓では、入れっぱなしでお参り出来ないという事態にも陥ってしまう事は簡単に想像できます。

自分が死んだ後に遺った人たちが困らないように、自らお墓を準備する場合も、以前とは違った選択肢が増えています。

青梅市にある「大多摩霊園」のような郊外型の大規模な墓地には、「合同墓地」が設置されている場合がほとんどで、宗派問わず申し込むことができ、永代供養をしてくれるとあって利用者は増えています。土地や墓石の心配をすることもないので、費用も安く抑えられます。

家族が住んでいる場所の近くに先祖の遺骨を移す人も増えています。

時代の変化と共にお墓の形も変わって行くのは自然な事ですが、親しかった人と亡くなった後でも語り合いたいと思う気持ちは変わりません。昔の形にこだわらず、時代に合ったお墓の形を考えたいですね。